奥多摩にある映画「リング」の撮影で使われたキャンプ場

夏休み最後の土日は東京奥多摩町のキャンプ場。
映画「リング」の撮影で使われたログハウスのあるキャンプ場らしい。
そのログハウスに泊まるのは少し怖いので鬼太郎のお家のような可愛らしいツリーハウスへ。

【1日目】すぐ横を流れる川は最高、荷物運搬は地獄…

ちょっと渋滞に巻き込まれたが12時過ぎに奥多摩到着。子供達希望のガストでランチ。近くに「内沼きのこ園」というきのこ園があったのでちょっと寄り道。お客さんはいなかったが、きのこ栽培の様子などを見せてもらい、夜ご飯用の椎茸を調達。(焼いただけだがこれがすごい美味しかった!)
ちょっと遅くなったが15:30頃キャンプ場到着。

アメリカキャンプ村

これまでコテージのすぐ近くに車を停めれるところばかりであったが今回は誤算。駐車場がキャンプ場から離れており、荷物の運搬がすごく大変。。
台車を借りたが、それでも3往復くらいしてなんとか。

駐車場からキャンプ場までの道のり

キャンプ場内に川が流れているため、妻と子供達は水着に着替えて川遊び。水はめちゃめちゃ冷たかったが、水鉄砲で遊び楽しそう。

今回はツリーハウスで、その下にガーデンテーブルやかまどがあるスタイル。
遊び終えた子供達と晩御飯。すぐに暗くなったが備え付けの照明があり、問題なし。

いつものごとく、枝豆、焼肉、最後はマシュマロでしめ、焚き火をして22:30頃就寝。

備え付けのかまど
マシュマロを焼く息子


【2日目】再び川、そしてキャンプ場内のアスレチックで遊ぶ

川遊びが楽しかったのか、再度水着に着替えて朝から川へ。

川遊び

その後、キャンプ場内にある手作り感のあるシーソーやブランコで遊び、最後はかき氷を食べてチェックアウト。

父的には荷物の運搬が地獄だったが、まだ帰りの方が気持ちが楽かな。
子供達にも少し手伝ってもらい、再度3往復。

帰り道の途中に東京サマーランドがあったから寄るか迷ったけど、混雑と帰りの渋滞を恐れ、早々と帰宅。
早めに家に帰り、夕方から近くの盆踊りに行った、夏の終わり。

まとめ

上にも書いたが駐車場が遠いのはつらい。。
今後気をつけようと思った。というか子供達が小さいうちは、車ですぐ近くまで行けることが必須だと感じた。

キャンプ場自体は川が流れており、雰囲気も良く、アスレチックもあったりして非常に楽しめたが、東京から日帰りで来れることもあり、BBQを楽しみに来た(恐らくは)学生達が多く、家族向けというより、若い人たち向けのキャンプ場なのかな、と感じた。

川遊びはとても子供達にとって楽しかったようだが、駐車場が離れていることもあり二度目はないかな、と。
でも、大人が大勢で行く分にはコンパクトだし、お薦めできるキャンプ場だと思います。

キャンプ場情報
  • キャンプ場:アメリカキャンプ村
  • 住所:東京都西多摩郡奥多摩町海沢230
  • 印象:川が近い点はいいが、駐車場が遠く子供連れにはつらい
  • チェックイン:15:00~
  • チェックアウト:~10:00
  • 周辺の遊び場:内沼きのこ園、東京サマーランド
  • 東京からの所要時間:2時間
  • 行った日時:2018年8月
  • 宿泊費:21,000円(ツリーハウス)
  • また行きたい度:★☆☆☆☆



コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

6歳、2歳の子を持つ会社員です。 東京への異動を機に、保育園の待機児童問題に衝突。 入れる保育園を探し、我が家の家計とも相談のうえ、3LDKから1LDKの家にお引越し。 ミニマリストへの憧れはあったものの必然的にシンプルな暮らしへ突入。 そんな我が家なりのシンプルライフをまとめたブログです。 ※写真は息子が書いた私です