家族4人で臨む初キャンプは何でもそろうパディントンベア・キャンプグラウンドで

2回目のキャンプ、といっても家族4人で臨む初のキャンプ。

キャンプの達人には笑われそうだが、子供達もまだ小さいので、アクセスが良く、きれいなところで探した。

行ったのは、相模湖のすぐ近くにあるパディントンベア・キャンプグラウンド

テントはセットアップされているし、レジャー施設が併設、温泉もあるということで決めた。

そして今回はちゃんと食材を事前準備して臨んだ。

 

【1日目】ピカソのタマゴで遊んで夜はテラスでご飯、初マシュマロに感激

東京から近く1.5時間ほどで到着。

チェックインまで時間があったので、まずは併設されている「さがみ湖リゾートプレジャーフォレスト」へ。

考えるアスレチック「ピカソのタマゴ」などがあり、小さな子供も十分に楽しめた。

チェックイン後は、早速子供達と晩ご飯の準備。

食器を出したり、食材を洗ったり。
いつになく子供達が手伝ってくれる。

火を起こして、まずは子供達が大好きなとうもろこしと枝豆を焼く。

普段食の細い子供達も、外での食事は美味しいらしく、ばくばく食べる。

肉が足りなくなってしまったのでキャンプ場の売店で追加調達。

しめは焼きそばでお腹いっぱい。

残った火で子供達とやってみたかったマシュマロを。
用意したのはこれ。


エスビーグローバル ロッキーマウンテンマシュマロ300g

串にさして火にあぶって食べると甘い。とろける。

子供達も気に入ったみたい。

辺りが暗くなってきたので温泉には行かず、近くのシャワールームですませ、21:00にテントで川の字になって就寝。

夜中下の子が泣き出して焦ったが、無事初テントもクリア。

 

【2日目】朝はみんなでホットケーキ、朝食後はアスレチックへ

5時過ぎに自然と目が覚め一人テラスへ。

山の朝は気持ちいい。

妻も目覚めて、二人でインスタントのコーヒーを飲む。

この時間、すごく好き。

子供達も起きてきて、6:30からみんなでホットケーキ作り。

なんかいいなぁ、こういうの。

火も起こしてウィンナーを焼いたり。

朝食後は帰る支度をして、もう一度プレジャーフォレストへ。

天狗道場」というアスレチックの初級コースに挑戦。

今回はぎりぎり身長もOKだったが、内容は上の子にとってはなかなかのチャレンジ。

大人でもドキドキする高さで、かなり怖がっていたが、なんとか最後までリタイヤせずにゴール。

途中前の組ではスタッフの方が助けにきたりするシーンもあり、私も最後は片手で子供を引っ張り上げたりと親もなかなか大変。

とはいえ、我が子ながら良く頑張った。

昼食を食べて渋滞に巻き込まれないよう早めに撤退。

まだ空いていて1時間くらいで家路についた。

 

まとめ

今回泊まったセットアップテントはテラス付でハンモックや水道までついたもの。

プライベート感があり、キャンプ初心者の我が家にはとても良かった。

遊園地や温泉などが同敷地内にあるため、すべて周辺で完結できるのも小さい子供がいる我が家には助かる。

小さな子供がいて、キャンプ初心者の家族にはおすすめのキャンプ場だと思います。

 

キャンプ場情報
  • キャンプ場:パディントンベア・キャンプグラウンド
  • 住所:神奈川県相模原市緑区若柳1634番地
  • 印象:アクセスが良く、隣の遊園地も便利。テラス付が過ごしやすい。
  • チェックイン:14:00~16:00
  • チェックアウト:~10:00
  • 周辺の遊び場:さがみ湖リゾートプレジャーフォレスト
  • 東京からの所要時間:中央自動車道経由で1~1.5時間
  • 行った日時:2017年9月
  • 宿泊費:20,700円(セットアップテントDXテラス付・宿泊のみ)
  • また行きたい度:★★★★☆

 



コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

6歳、2歳の子を持つ会社員です。 東京への異動を機に、保育園の待機児童問題に衝突。 入れる保育園を探し、我が家の家計とも相談のうえ、3LDKから1LDKの家にお引越し。 ミニマリストへの憧れはあったものの必然的にシンプルな暮らしへ突入。 そんな我が家なりのシンプルライフをまとめたブログです。 ※写真は息子が書いた私です