封筒型で布団ライクに使えデザインの良いものを探す

寝袋でこだわりたかったのは、封筒型であることと、布団ライクに使えること。

寝袋の形状には体にピッタリフィットするマミー型と家の布団に似ていてゆったり寝れる封筒型があり、コンパクトで保温性があるのはマミー型だが、我が家は4人家族で子供も小さい。
寝袋を布団みたいにして、4人川の字で寝ることを想定し、上下分割できる封筒型の寝袋を探した。

狭い我が家で寒い時期の補完として使うためにも我が家ならではの必須条件。

それなりの保温性も求めるが、冬のキャンプは今のところ考えていないので、ある程度でいいかなと。

ということで我が家の判断軸は以下のとおり。

  • 機能性 :封筒型で分割可能なもの
  • デザイン:お洒落なもの
  • コスト :あまりお金はかけたくない

 

3位:モンベル ファミリーバックフォレスト(モンベル)

  • 機能性  ○
  • デザイン ×
  • コスト  ○

個人的にだが、ちょっとデザインに惹かれず見送り。

 

2位:スノーピーク セパレートシュラフオフトン(スノーピーク)

  • 機能性  ○
  • デザイン ○
  • コスト  ×

「掛け+敷き」のお布団というコンセプトの寝袋。
スノーピークだけあって、機能性も高い。
正直、価格さえもう少し安ければこれが欲しかったのだが、ちょっと高い。。
2セット購入したかったこともあり、価格があわず見送り。

 

1位:コールマン アドベンチャースリーピングバッグ(コールマン)

  • 機能性  ○
  • デザイン ○
  • コスト  ○

希望は全て満たし、デザインも良く、価格もそれなりだったためこちらを購入!

「コールマンのスリーピングバッグ」を使った感想

まず肌触りがいい。そして薄いし軽い。
2個セットで繋げることができるのも4人家族の我が家では惹かれた点。
収納も問題なし。収納ケースのColemanの文字が大きすぎる点だけ少し気になるけど。

家で使っている感じでは全く問題ありません。
屋外ではまだ使ってないけど、あんまり寒いとしんどいのかな。

我が家でのキャンプは10月までと決めているので、そこまでしのげれば問題ないけどそこはこれから。

『布団』は最小限にして寝袋で補完

2018.01.28



コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

6歳、2歳の子を持つ会社員です。 東京への異動を機に、保育園の待機児童問題に衝突。 入れる保育園を探し、我が家の家計とも相談のうえ、3LDKから1LDKの家にお引越し。 ミニマリストへの憧れはあったものの必然的にシンプルな暮らしへ突入。 そんな我が家なりのシンプルライフをまとめたブログです。 ※写真は息子が書いた私です