家族でキャンプ#5 PICA富士西湖




またまたPICA、今回は西湖の湖畔にあるコテージで

前回の反省をふまえて今回はコテージで探す。
色々と調べるも、設備が整っていて周辺にも色々とありそうな場所、ということでまたまたPICAへ行き着いた。

これまでは前日に近くのスーパーで買い出しをしていたが、今回は現地で調達することに。
より気軽に、準備なくキャンプができるようにしていきたい。
徐々に徐々に。

ということで、富士五湖のひとつ、西湖の湖畔に位置するPICA富士西湖へ行った。

 

【1日目】あいにくの雨、スーパー寄ったりコウモリ見たり、夕飯はテラスでBBQ

9:00出発。あいにくの雨。
今回は食材やビールを現地で調達。
あらかじめ調べていたキャンプ場近くにあるスーパーへ寄った。
現地で調達するメリットは安く、新鮮、かつ面白い。
近くに激安市場なるものもあったので、桃などの果物も調達した。

スーパーマーケットTAC

激安市場

お昼ご飯はフォレストモール富士河口湖店で。
チェックインまで時間があったため、雨でも行けそうなキャンプ場至近の西湖コウモリ穴へ立ち寄った。
本物のコウモリを見ることはできなかったが、洞窟探検みたいでそこそこ楽しかった。
上の子はちょっと怖かったみたいだが。

西湖コウモリ穴

キャンプ場へは14:00過ぎにチェックイン。
雨が降っていたのでテラスでシャボン玉をしたりキャッチボールをしたり。
テラスでのBBQはいつも通り、枝豆、とうもろこし、茄子、焼肉、焼きそば。
いつの間にか子供達にはマシュマロがお約束になったようで、早々に「マシュマロ」コール。。

マシュマロを焼く

食器洗い

 

雨も降っていたので、順番にお風呂に入って早めに就寝。

 

【2日目】ホットケーキを食べて富士急ハイランドへ

6:30起床。
雨も止んで気持ちのいい朝。
まずはキャンプ朝ご飯の恒例となったホットケーキを食べる。
下の娘が粉を混ぜてくれるのも恒例となった。

ホットケーキのお手伝い

散歩がてら昨日行けなかった湖へ。いい景色。
釣り堀などのアクティビティもあるようだが今回は雨でできなかったなぁ。

西湖

釣り堀

木々がいっぱい

 

チェックアウト後は車で30分の富士急ハイランドへ。
トーマスランドもあり、小さな子供たちも十分に楽しめた。

富士急ハイランド

トーマスランド

遊園地内で昼ごはんを食べて、道路が混む前に帰宅。

 

まとめ

今回はこれまでと違って食材を現地調達したが、これはなかなか良かった。
子供達と一緒なのであれもこれもと時間はかかるが、安いし、普段買わないようなものにも挑戦でき楽しい。
これからはこのスタイルでいこう。

1日目はあいにくの雨だったが雨でも寄れるようなスポットがあり助かった。
傘だと荷物の運搬とか大変だったので、レインコートを買わないといけないかなとも。

今回はできなかったが、キャンプ場自体に釣り堀やマウンテンバイク、カヌー等いろんなアクティビティがあるので、ぜひ晴れた日にまた行ってみたい。
周辺にも富士急ハイランドだけでなく、フォレストアドベンチャーや他の洞窟とかもあるようなので、エリアとしても魅力的。

上の子がフォレストアドベンチャーやりたいとなったらまた来ようかな。

 

キャンプ場情報
  • キャンプ場:PICA富士西湖
  • 住所:山梨県南都留郡富士河口湖町西湖2068-1
  • 印象:近くに色々あるため便利、キャンプ場も緑豊かで雰囲気が良い
  • チェックイン:14:00~19:00
  • チェックアウト:7:00~11:00
  • 周辺の遊び場:富士急ハイランド、フォレストアドベンチャー・フジ
  • 東京からの所要時間:中央自動車道経由で2時間
  • 行った日時:2018年6月
  • 宿泊費:24,800円(コテージS・宿泊のみ)
  • また行きたい度:★★★☆☆



コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

6歳、2歳の子を持つ会社員です。 東京への異動を機に、保育園の待機児童問題に衝突。 入れる保育園を探し、我が家の家計とも相談のうえ、3LDKから1LDKの家にお引越し。 ミニマリストへの憧れはあったものの必然的にシンプルな暮らしへ突入。 そんな我が家なりのシンプルライフをまとめたブログです。 ※写真は息子が書いた私です